妊娠中は無理せず宅食サービスに頼ろう

妊娠中は無理せず宅食サービスに頼ろう

コープデリ

妊娠によるつわりがひどく、家族の食事を作ることが辛かったため、自分の負担を減らしたくて利用した。また、栄養のあるものを食べてほしかったので宅食サービスにした。

つわり中なので料理中の匂いを嗅ぐのもつらく、そもそもご飯を作ることができなかった。惣菜や冷凍食品なども利用したが家族に申し訳なかった。

子供の食事を気にすることがなくなったので精神的にとても楽になった。調理中の匂いもなくなり、辛さが軽減されリラックスすることが出来た。

デメリットは特に感じなかった。つわり中のみの利用だったがメリットしか感じなかった。強いて言えば食費が一時的に上がったことがデメリットだと思う。

つわり中はとにかく無理せず休むのが1番だと思うので、罪悪感など感じずに利用するべき。栄養バランスも考えられた献立になっているので非常におすすめ。

クオリティオブライフ向上できたの巻

Uber eats

家に何かしら食べるものはあるけど、それを食べる気分ではない時、外食に行くにしても、雨が降っていたりして少し面倒臭いと思う時、仕事で疲れてご飯を作る心の余裕が無い時に利用しようと思います。

疲れている状態で、旦那にご飯はどうするのかと聞かれてイライラしてしまったり、休みの日とかで雨で外に出るとなるといちいち着替えたり雨対策するのがストレスになります。

本当にお皿一枚用意しなくても、スマホのボタン1つで注文ができて美味しいご飯が食べられるところや、仕事で疲れきっている時はとても良いです。

宅配料金が発生したり、実際にお店に行って食べるよりもお金がかかってしまうのが一番のデメリットです。あと、生活がより怠惰になってしまう傾向があるとおもいます。

お店によっても配送料が違うからなるべく安いところを選んだ方が良いとと伝えたり、宅配サービス限定のお店とかもあるので、普通は食べられないメニューとかも食べらるよと伝えます。

フルタイムで働いていても!食事が作れなくても!心配はいりません。便利なシステムである宅食サービスの利用をお薦めします。

ワタミの宅食です。

母の体調が衰え始め,家で寝ていることが多くなりました。私はフルタイムで仕事をしているため,なかなか母の昼食・夕食の準備まで手が回りませんでした。そこで,検討したのがこの宅食サービスです。

ヘルパーさんに簡単な食事を作って出してもらうことにしていましたが,やはり台所に入ってもらうのには抵抗がありました。冷蔵庫はもちろんレンジや食器棚までやはり綺麗に整えておかなければいけないという意識が精神的な負担になりました。

上に書いたような母の食事の心配やヘルパーさんが台所に入るということもなくなりましたので、私の気持ちとしてもずいぶん楽になりました。精神的に追い詰められなくてよかったです。

宅食サービスを届けていただく際の受け取りに工夫が必要でした。防犯の為に鍵を開けておくわけにもいきません。発泡スチロールの箱に入れて届けていただきましたが,あまり時間をおいて外に取りに行くのは紛失等の心配がありました。

宅食サービスは,とても便利なシステムだと思います。仕事から疲れて帰ってきた時などにもすぐに温めて食べることができます。ただし,やはり口に入れる物ですから届けられてからの衛生面や安全面の対策を取ったほうがよいと思われます。鍵の掛かるボックスも必要になりますし,夏場などは宅食が傷まないで済むように保冷剤を入れていただくことをお願いすることなども必要かなと思います。