宅食サービスを利用するならメニューと予算を考えよう

宅食サービスを利用するならメニューと予算を考えよう

ワタミ

腰を痛めて外出するのが困難になったため、利用しました。家族は昼間は仕事でいないため、おもに昼食用のお弁当を頼みました。元々自炊が苦手なので助かりました。

初めのうちは家族が朝食の時にお昼のお弁当を作ってくれていたのですが、こちらが嫌いなおかずが入っていたりして食欲がなくなることがありました。

一番のメリットは家族に面倒をかけずにすんだことです。宅食サービスは自分でメニューを選べるので、食べたいものを注文することができるのが良かった。

一番のデメリットは費用がかかるという点です。年金暮らしなので宅配サービスにかかる経費はかなり負担になり、家族に渡す生活費を削らなくてはならないので関係がギスギスしました。

どのようなメニューが揃っているかをチェックすること、月にどのくらいの経費がかかるかをしっかり計算しておくこと、配達携帯についてチェックすることです。

宅配サービスで効率的なダイエット

ナッシュ

ダイエットをしたくてしばらくは自分で低糖質のご飯を作っていたのですが、以外と高くつくし手間と時間もかかることからナッシュを利用する事にしました。

健康診断でコレストロール値に問題が見つかり、体重も今までにない数値に衝撃を受けました。久しぶりに会った友人にリアルに驚かれてショックでした。

食材の買い物も少しで済みますし、献立を考えたり料理に取られる時間がなくなったので、その時間を運動する時間や趣味の時間に当てることができました。

ナッシュの宅食は冷凍保存で、送料がかかるからと1度に沢山購入したら自宅の冷凍庫に入りきらず焦ったことがあります。あと自炊しなくなったので料理のスキルはつかなくなります。

私はダイエット目的での利用ですが、忙しい方はもちろん、自炊よりも別の趣味に時間を使いたい方などにもお勧めです。女性だから、母だから、という理由で必ずしも料理しなくてはいけないことはないし、もうそんな時代ではないと考えています。便利なものがあるならどんどん自分のために活用すれば良いと思います。

産後ママにおすすめしたい宅食サービス

ヨシケイです。

里帰りせずに子供を出産したので、買い物や家事を出産後すぐに再開したのですが、体調を崩してしまい家事ができなくなりました。夫も仕事で帰りが遅く、家事を手伝ってもらうことができなかったので、宅食を利用しようと思いました。

体調を崩し、家事ができなくなったことです。産後だったのでメンタルも不安定となり、夫にも気を遣わせてしまいました。子育てもうまくいかないと感じていました。

家事の時間が短くなったので、休息の時間が取れました。まだ、自炊するよりもバランスのとれた食事がとれました。なにより、ご飯を作らなくてはいけないという思いから解放され、余裕をもって育児に専念することができました。

自炊をするよりも、食費がかかりました。また、プラスチックごみが多く出るようになったので、ゴミ出しが大変になりました。メニューが決まっているので、今日はこの気分じゃないという日も何度かありました。

私と同じ境遇であるなら、デメリットよりも宅食サービスを使うメリットの方が大きいと感じたので個人的にはおすすめしたいです。